フラットスプリングガレージ

マシンのメンテやカスタム、運搬車両の記録

ロードフレームがちょっと欲しくなる案件!

子供のマシンはシクロクロスとロードを1台でこなしている。


本当はそれぞれマシンを用意したいところだけど、直ぐには準備できないので暫くは1台2役でタイヤを交換する事で対応しているが最近タイヤ交換の頻度が多くなってきた。


マシンのメンテナンスは好きなのでタイヤ交換ぐらいはいつでもやるが、1か月に2回、3回となると流石に正直ちょっと面倒だなぁ~と思ったりして。。。


そこでホイールを1セット追加したいな〜ってつぶやいたら

なんと使ってないのがあるから使う?って自転車仲間からありがたい申し出が。。。

物はシマノのWH-R500

今まで使っていたホイールより軽い!!
タイヤ交換しなくていいのって楽ち~ん!!!


リム幅が異なるホイールを入れ替えているのでホイールを交換する度にブレーキ調整が発生するのは仕方ないね〜


ただ、その調整が微調整では収まらないのでその度にワイヤーの取り付け直しをしていたらついにワイヤーが切れだした。。。
まじかぁ~、まあ頻繁にワイヤーを潰している事になるんだからそうなるよね。


仕方ないけどそう頻繁にワイヤー交換するのもね~
これはマシンが1台増える案件かぁ~?
と思ったけど同じホイールを使えばリムの幅は同じなのでブレーキワイヤーを取り付け直す必要はなく調整の範囲で事足りのではないか?

 

と思いWH-R500をもう1セット購入しようと中古を探している時にふと気になった事がある。
WH-R500は33cや32cまでのタイヤを使えるのか?


シマノの公表では28cまでなんですが、ETRTO表記の622x15からリム幅は15mmとなるので調べると36cまでは行けるみたいだ!


ただ、WH-R500で33cのタイヤを使ったと情報がなかなか見つからない。。。

 

シマノが何故28cまでとしているのか気になるなぁ〜

 

さて、ロードフレームが生えてくるのか

 

 

おわり