フラットスプリングガレージ

マシンのメンテやカスタム、運搬車両の記録

ジュニアギアの規制について考える

日本自転車競技連盟の競技規則の中にジュニアギアに制限の解説がある。
 
日本自転車競技連盟(JCF)の競技規則においては、18歳以下の競技者について使用できる最大のギア比が制限されております。これは成長期の選手の身体に過度な負荷を与えることによる故障のリスクを回避するためのものであり、JBCFでは各参加チーム・各競技者へ遵守をいただいております。」
 
・年齢別で分けられている
1. ユース(U13):12歳以下 (2004生まれ~)
2. ユース(U15):13歳および14歳 (2003、2002生まれ)
3. ユース(U17):15歳および16歳 (2001、2000生まれ)
4. ジュニア:17および18歳 (1999、1998生まれ)
 
・こんな感じ
ジュニア (18歳:1998生まれ、17歳:1999生まれ) 7.93m
ユースU17 (16歳:2000生まれ、15歳:2001生まれ) 7.01m
ユースU15 (14歳:2002生まれ、13歳:2003生まれ) 6.10m
ユースU13 (12歳:2004生まれ以降) 5.66m 
 
困るのがユースのU13とU15なのです。
日本のと言うより他国の事情はあまり知らないが、自分が見聞き出来る範囲では日本のユースクラスは遅れていると思う。
 
24インチの自転車なら苦労せずにクリアできるのに24インチや26インチの自転車のラインナップが乏しいと言うかほぼ無いに等しい
あるにはあるけどちょっと高いしラインナップがはまだ少ないと思う。
 
それに成長期だから適性サイズのフレームを選んでも直ぐにサイズアウトになるから買換えの出費も痛い!
そうすると大体が700cに流れていくんだよね〜
小学4年生になれば大体が700cの小さいサイズのフレームに乗れるようになるもんね〜
ですが我が家では700cは準備出来ていたがずっと24インチをメインにしてたのです。
 
 
がしか〜し、所属しているチームで24インチから700cへの乗り換えが行われる事態が発生したのです。
それでも24インチを乗り続けていたのですが、700c組みと走ると遅れてしまう事が度々あって条件限定で700cを解禁する事に。。。
 
 
でもね〜ジュニアギア規制をちゃんとクリアする為にユースU13に該当するぽんすけさんには24インチで走って欲しいのよね、メカニックとして楽できるからぁ〜(笑)
 
700cでクリアする為にはタイヤを25Cで計算するとチェーンリングは42Tでカセットのトップは16Tでクリアできる。
トップ16Tのジュニアギアなるカセットがあるので早速手に入れているが、元々付いているチェーンリングのアウターが48Tなのでアウト!
アウターを42Tにしたいから調べたらSUGINO(スギノ) アウターギヤ PE110S SHP/S 42Tってのがあったんだけど今は生産してない? 中古も含めて流通在庫しかないのか???
 
 
自転車メーカーに24インチや26インチの競技車両を作って欲しいけど、他のスポーツから比べれば需要は低いと思うので難しいよなと。。。
せめてパーツで対応できる商品を出してくれればもっとユース勢も盛り上がると思うんだけどなぁ〜
 
 

前回の続き的な話(ホイール偏)

1台でシクロクロスとロードをこなすにはタイヤの交換が必要になるんですよね〜

当初はタイヤを毎回交換して使っていたけど、ローラーで練習をするようになるとタイヤ交換の頻度が増えてちょっと面倒だなぁ〜

って事で前回はホイールを1セット追加したって話でタイヤを交換する手間がなくなったのは良いけど別の問題が発生してしまったんですよね。

 

元々付いてたホイールはALEXRIMS 6061-T6 ETRTO 622-17の正式なリム幅不明

追加したホイールはシマノ WH-R501は622 × 15Cのリム幅20.8mm

ALEXRIMSの正式な情報は見つけれなかったけど、「これっぽい!」という情報があった、そこからするとリム幅は23mmみたいですね〜

メーカー:ALEXRIMS
サイズ:ETRTO 622-17 / 6061-T6
リム幅:内-17mm 外-23mm

 

となるので2セットあるホイールのリム幅が異なるのです…(ーー;)

毎回タイヤを交換する時にブレーキ調整の為にワイヤーを取り付け直す作業はワイヤーの劣化が加速するよね?

 ホイールを交換してもブレーキのワイヤーを取り付け直す必要がないようにしたい!

 

と言う事でWH-R501のホイールに合わせてもう1セット追加する事にしたのです。

WH-R501のリム幅は20.8mm

高いホイールは必要ないので同じWH-R501をと考えていたけどなかなかタイミングと程よい値段で買える出物が見つからない。。。

 

暫く出物を待ってたけどなかなか出ないので他のホイールは?って調べてたらWH-R501の後継としてWH-RS010があってリムの幅が同じ20.8mmである事をしったのです。

 

WH-RS010で良いんじゃね?

値段もそんなに変わらないし、11速が使えるようになるしね。

 

って事で出物を探すがなかなか出てこない〜

と思ったらとある中古ショップのサイトにそんなにくたびれた感じに見えないのが出ている。

しかもお手ごろ価格!

ただ、リアだけなのですよ。

 

取りあえず買う気満々でショップに行ってみた!

そしてお目当てのホイールを見てみると自分的に気になる様な傷や使用感がない!

そして値段も想定内に収まる。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買った!

f:id:flatspring:20191025160235j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WH-RS010

f:id:flatspring:20191025160303j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メモ的に

f:id:flatspring:20191025160549j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10速のジュニアカセットを使う場合は1.85mmのロースペーサーが必要

f:id:flatspring:20191025160249j:image

 

 

 

通常11速のフリーボディに10速のカセットを取り付ける時は1.85mmと1mmのスペーサーが必要だけど、ジュニアカセットの10速の場合は1.85mmのスペーサーだけでOK!

ってメモを残しておく事に。。。

 

 

さぁ、楽しみですね〜!

ロードフレームがちょっと欲しくなる案件!

子供のマシンはシクロクロスとロードを1台でこなしている。


本当はそれぞれマシンを用意したいところだけど、直ぐには準備できないので暫くは1台2役でタイヤを交換する事で対応しているが最近タイヤ交換の頻度が多くなってきた。


マシンのメンテナンスは好きなのでタイヤ交換ぐらいはいつでもやるが、1か月に2回、3回となると流石に正直ちょっと面倒だなぁ~と思ったりして。。。


そこでホイールを1セット追加したいな〜ってつぶやいたら

なんと使ってないのがあるから使う?って自転車仲間からありがたい申し出が。。。

物はシマノのWH-R500

今まで使っていたホイールより軽い!!
タイヤ交換しなくていいのって楽ち~ん!!!


ただ、今まで使っていたリムとリム幅が異なるホイールを入れ替えているのでホイールを交換する度にブレーキ調整が発生するのは仕方ないね〜


ただ、その調整が微調整では収まらないのでその度にワイヤーの取り付け直しをしていたらついにワイヤーが切れだした。。。
まじかぁ~、まあ頻繁にワイヤーを潰している事になるんだからそうなるよね。


仕方ないけどそう頻繁にワイヤー交換するのもね~
これはマシンが1台増える案件かぁ~?
と思ったけど同じホイールを使えばリムの幅は同じなのでブレーキワイヤーを取り付け直す必要はなく調整の範囲で事足りのではないか?

 

と思いWH-R500をもう1セット購入しようと中古を探している時にふと気になった事がある。
WH-R500は33cや32cまでのタイヤを使えるのか?


シマノの公表では28cまでなんですが、ETRTO表記の622x15からリム幅は15mmとなるので調べると36cまでは行けるみたいだ!


ただ、WH-R500で33cのタイヤを使ったと情報がなかなか見つからない。。。

 

シマノが何故28cまでとしているのか気になるなぁ〜

 

さて、ロードフレームが生えてくるのか

 

 

おわり

 

 

BBBのリムテープ

メーカー:BBB
品名:リムテープ
型番:BTI-92(幅22mm)

今まで2〜3種類のリムテープを使ってきて何回も失敗してやっと納得いく商品に出会った気がする。

 

 

f:id:flatspring:20190613234223j:image

 

 

 

 

このリムはニップルの部分が凸凹しているのでリムテープがズレちゃうと気になってね〜
f:id:flatspring:20190615231803j:image

 

 

 

 

 

 

今回のリムテープはズレないといいなぁ〜
f:id:flatspring:20190615231810j:image

 

 

 

 

 

それにしてもリムテープって例えばリムの幅が22mmだと同じ22mmのを使うと思うんだけど
f:id:flatspring:20190615231806j:image

  

 

 

 

リムのくぼみがある場合はその分幅が足りなくなると思うんだけど
f:id:flatspring:20190615231800j:image

 

 

その場合は22mm以上のリムテープを使った方が良いのかな?

ってそんな都合のいい幅のリムテープってあるのか?

 

 

おわり

BBBのバーエンドキャップ

メーカー:BBB
品名:バーエンドキャップ
型番:BHT-96(多分現行型ではない)


子供のマシンのバーエンドキャップが頻繁に落ちてしまう事に対して対策をした作業記録


単に取り付けがあまいとか、構造上抜けやすいとか、等々あると思うが毎回無くなっているのを見掛けて近くに落ちてる事もあれば知らない間に無くなってて…という事もある。


誰が悪いという事ではないが強いて言えばメカニックの整備不良?とでもなるのか?
例えば一緒に巻き込むバーテープが少ないとか。。。
取り付け時は力を入れて押し込まないと中々入らなかったのに走っているといつの間にか落ちている事が度々あったり。。。
じゃあ、落ちない様に常日頃から気を付けて落ちたら直ぐに拾って取り付け直すようすればいいかと言うとそんな事をさせていたら自転車に乗るの嫌になるでしょう。


対策としてはボルトで締めこんで取り付けるタイプかなと
ただ、バーエンドキャップが落ちなくても材質によってはボロボロになる事があるのでその辺りを考えなくては。。。


と考えて各メーカーから出している中でBBBのにしようかなぁ〜
と思いつつも写真では良くても実物があれ?って事があるのでヤフオクで中古だけど中古感の少ないのが送料無料であったので試しにゲットしてみた。

 

f:id:flatspring:20190516184845j:image
機能的にはどのメーカーも変わらないと思うけど、BBBのロゴが入っているのにすっきり感があると思うのは自分だけか?

f:id:flatspring:20190516184911j:image
実際取り付けるともう今までの心配していた事が嘘のように解放されたよ!


細かいパーツもそろっているBBBが実は好きだったりします。

 

SwissStopのブレーキシューに交換

FELT FR30はコンポに105が使われているけどブレーキだけがTektro R525なんですよ。
メーカーサイトからの抜粋でこんな感じです。

◆軽量設計(165g)
◆デュアルピボットキャリパーブレーキ
◆クイックリリース機構

街中を走ってる分には普通に効くしブレーキタッチも悪くないと思う。

ただ、ブレーキは105以上にした方がいいと良く見聞きすよね、理由は様々だと思う。

レースに出るなら…

下りを安全に走るため…

街中でもブレーキは大事だから…

etc,etc

 

という事でブレーキをULTEGRAに交換してみようと決めている。

ただ、その前に予算的にブレーキシューだけを交換してみようかなぁ〜と思ったのです。

 

して、どのブレーキシューを使ってみるか?

BBBもブレーキシューを出している。

何かとBBBの製品は他メーカーより値段が安くて同等いやそれ以上の品が結構あるように思うので最近のお気に入りなのでBBBのブレーキシューが気になりだして買う寸前まで脳内決議が決まりそうだったんだけど、ブレーキ関係は使ってみないと分からないしね〜と最後のポチッとまでいかないのでした。

 

以前、カンチブレーキの自転車でSwissStopのブレーキシューを使った事があって、そのフィーリングと効きの良さとコントロールがしやすかった事を覚えている。

ブレーキレバーを握り始めと同時にカッチリとした効き味は苦手で握る度合いに比例して制動力が増していくのが自分にとって使いやすいブレーキなんです。 

SwissStopがまさにそれでとても使いやすい!

 

ただ、高いのよね〜!

f:id:flatspring:20190306082155j:image

 

ShimanoやBBBのブレーキシューが2セット買えるぐらいの値段の開きがあるから正直考えるよね。

 

でも自分にとって必要なパーツは変に予算を削ってはいけない!

と誰かが言っていた。

 

 

 

交換するのが楽しみだけどついでにワイヤーの取り回しとブレーキ操作を右前から左前へ左右逆にしたいので作業は色々準備が整うまで待て状態ですね。

f:id:flatspring:20190306082615j:image

シクロ兼ロードマシンのメンテナンスの話

ずっと気になってはいたがそんなに空気圧を高圧にする事もないだろう?

と様子をみていたリムテープ

 

 

多分譲って貰ったのが2年ぐらい前でその前から現役で使われていたマシンなのでそれ以上の年数使っていると思われるリムテープ

 

まだ、大丈夫だと思うけどそろそろ予防も兼ねて交換する事にしました。

 

交換したリムテープは『BBB BTI-92』

適度に伸びるので装着しやすかった。

f:id:flatspring:20181112130049j:image

使っていき耐久性もあれば今後もこれを使うかも

 

 

STIのグリップカバーがパカパカな感じで直ぐにびぃろ〜んと浮いてきてしまうので

f:id:flatspring:20181112190159j:image

新品に交換です。

 

伸びてるとはいえゴムなので取り外しと取り付けは力業か?

と思って検索したらビニールを使うと良いらしい情報を発見した。

 

 

早速、ビニール袋をゴムとSTIとの間に使ってみたら力業ではあるが多分ビニール袋がないよりは楽に交換できた。

 

調べた情報では交換に20分掛かったとあったけど、自分は5分〜10分は掛からないで出来た。

 

消耗品がリフレッシュしたのでこれからも気持ち良く走ってるもらいましょう!

カニックとしては気分良い(^-^)